白河市東部
白河市東部には「奥の細道」紀行で松尾芭蕉が訪れた奥州三大関所の白河の関や、老中松平定信が造った南湖などがあります。

白河の関の隣ある関の森公園には大相撲の横綱曙が所属していた東関部屋の稽古場があり、たまにそこで部屋合宿を行います。また南湖は桜の名所だけでなく、鯉・フナ・バス・雷魚などが生息し、多くの釣り人も惹きつけています。

食通にはラーメンや団子の街として有名です。

地図の囲い数字をクリックすると更に詳細な地図が見れます。

@関辺周辺
A白河市街地東部
B昭和町周辺

 

広域図を見る